不妊治療.net > 体外受精 > 体外受精の妊娠成功率

体外受精の妊娠成功率

体外受精の歴史

1978年にエドワード博士とステプトウ博士により、
世界初の体外受精が成功しました。

実は、体外受精の歴史というのは、
まだ30年程度なのです。

しかし、たった30年の間に、体外受精だけでなく、
顕微授精、凍結融解の技術などの高度生殖医療が発達し、進歩しました。

2003年には、体外受精によって産まれた子供の数が1万7400人になり、
赤ちゃんのうち65人に1人は体外受精によって生まれた計算になります。

体外受精の妊娠成功率はどのくらい?

体外受精の妊娠成功率は、
15%〜25%といわれています。

ですので、4組に1組の夫婦が
体外受精によって妊娠することができるのです。

妊娠確率は、女性の年齢によっても大きく左右されます。

ある医院での統計では、
女性の年齢が36歳以下の場合、体外受精の成功確率が45%となりましたが、
37歳以上になった場合25%に落ち込んだというデータもあります。

体外受精と自然妊娠の流産率の比較

体外受精は自然妊娠と比べると、
流産率も多少高くなるといわれています。

自然妊娠の流産率は10%ほどですが、
体外受精の流産率は13%と多少高くなります。

人工授精と体外受精の費用の比較

体外受精は人工授精よりも妊娠確率は高いのですが、
費用は高額になってしまいます。

人工授精の場合だと1回の費用は5千円から2万円程度なのですが、
体外受精の場合は30万円から50万円もの費用がかかってしまうのです。

人工授精も体外受精も保険の適用外ですが、
市町村によって助成金がもらえる所もありますので、確認してみましょう。

ページトップへ

次のページ >> 顕微受精とはどのような方法?

生命保険無料相談人気ランキング

保険マンモス

保険マンモスの無料保険相談は利用者によるアンケートの回答での満足度96%以上! FP(ファイナンシャルプランナー)による丁寧な説明が分かりやすいと評判です。

また、保険マンモスのFPは中立的なプロのFPなので、特定の保険会社の商品を押し売りする事はなく、数十社の保険会社の商品から最適な保険プランを提案してもらえます。


ページトップへ

都道府県から不妊治療のクリニックを検索

日本地図 北海道・東北 [北海道 / 青森 / 岩手 / 宮城 / 秋田 / 山形 / 福島
関東 [東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉 / 茨城 / 栃木 / 群馬 / 山梨
信越・北陸 [新潟 / 長野 / 富山 / 石川 / 福井
東海 [愛知 / 岐阜 / 静岡 / 三重
近畿 [大阪 / 京都 / 兵庫 / 滋賀 / 奈良 / 和歌山
中国・四国 [鳥取 / 島根 / 岡山 / 広島 / 山口 / 徳島 / 香川 / 愛媛 / 高知
九州・沖縄 [福岡 / 佐賀 / 長崎 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄
ページトップへ