不妊治療.net > 不妊症の診断と検査方法 > 男性不妊の診断方法

男性不妊の診断方法

男性不妊の基本的な診断方法

男性不妊かどうかをを調べる際には
目的に応じて様々な検査を行います。

それでは男性不妊の診断にどのような検査があるのかを見ていきましょう。

精液の検査

精液の検査では実際に精液を専用の容器に採取し、
その精液を検査をします。

検査を受ける前の数日間は
射精をしてはいけません。

また、精液を採取する場合は
コンドームを使用してはいけません。

なぜなら、コンドームには、
精液を殺すためのゼリーが付着している場合があるためです。

精液の検査では、精液の数や、動いている精液の数、
精子の動きや精液の早さ、精液の形や奇形などについて調べます。

また、精液に含まれている白血球や赤血球の数なども調べます。

男性の体調や精神状態によって精子の状態は変化することも多いので、
1回の検査だけではなく、繰り返し検査するほうが確実だといえます。

ホルモン検査

精子検査で、精子に異常があった場合、
ホルモンの検査を行います。

ホルモンは精巣機能に関係していますので、
精子検査で異常が見られた場合には、
精巣機能を調べる必要があるためにホルモンの検査を行うのです。

性器の検査

性器の検査では
陰嚢、陰茎、前立腺に異常がないか調べます。

触診だけの場合もありますし、
必要に応じて直腸検査を行う場合もあります。

精巣の組織検査

精巣組織検査では、
輸精管造影検査を行います。

精液に精子が全く存在しない状態の場合、
精巣から精嚢までの管が詰まっている可能性があるために、
それを調べるために組織検査を行うのです。

精巣を切開するか、穿刺して組織の一部を採取し、
検査を行います。

精管撮影法

精管や精嚢腺などの部分をレントゲンで撮影します。

精子の通り道が炎症などによって閉塞していないか調べます。

ED治療

勃起障害や勃起不全といわれるものは、
勃起に関する神経系の異常、血管系の異常、内分泌系の異常、
ペニスの疾患、心因的要因など様々な原因が考えられ、
とても奥が深いものといわれています。

ED治療の場合には専門医と相談しながら、
治療方針を決めていきます。

ページトップへ

次のページ >> 夫婦での不妊症の診断方法

生命保険無料相談人気ランキング

保険マンモス

保険マンモスの無料保険相談は利用者によるアンケートの回答での満足度96%以上! FP(ファイナンシャルプランナー)による丁寧な説明が分かりやすいと評判です。

また、保険マンモスのFPは中立的なプロのFPなので、特定の保険会社の商品を押し売りする事はなく、数十社の保険会社の商品から最適な保険プランを提案してもらえます。


ページトップへ

都道府県から不妊治療のクリニックを検索

日本地図 北海道・東北 [北海道 / 青森 / 岩手 / 宮城 / 秋田 / 山形 / 福島
関東 [東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉 / 茨城 / 栃木 / 群馬 / 山梨
信越・北陸 [新潟 / 長野 / 富山 / 石川 / 福井
東海 [愛知 / 岐阜 / 静岡 / 三重
近畿 [大阪 / 京都 / 兵庫 / 滋賀 / 奈良 / 和歌山
中国・四国 [鳥取 / 島根 / 岡山 / 広島 / 山口 / 徳島 / 香川 / 愛媛 / 高知
九州・沖縄 [福岡 / 佐賀 / 長崎 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄
ページトップへ