不妊治療.net > 不妊症関連疾患 > 子宮筋腫

子宮筋腫

子宮筋腫と不妊症の関係

不妊症関連疾患のなかに子宮筋腫という病気があります。

子宮筋腫とは、
子宮内に発生する平滑筋由来の良性の腫瘍です。

子宮筋腫は単発でできる場合もありますし、
複数でできる多発性ものもがあります。

子宮筋腫が発症しやすい時期は、
30代〜50代といわれています。

近年では、年々、子宮筋腫の発症時期が若年化していることと、
妊娠する年齢が年々高齢化していることが重なったことで、
子宮筋腫によって不妊症が引き起こされることも多くなってきました。

子宮筋腫の自覚症状

子宮筋腫の自覚症状としては、月経量が多い「過多月経」、
月経時に痛む「月経痛」が多くみられます。

その他には、月経の回数が増える「頻繁月経」、
下腹部の膨大が起こる「腫瘤接触」、
子宮筋腫増大により頻尿や便秘などの圧迫症状、
月経量の多さや月経回数の増加による貧血などがあげられます。

自覚症状といっても、ほとんど感じない方も多く、
なかには「生理痛がひどいのかしら」程度にしか感じない方もいます。

子宮筋腫の原因

これまで子宮筋腫は原因がはっきりしない病気の1つでしたが、
その原因も徐々に解明されてきています。

子宮筋腫ができる大きな要因には、
エストロゲンが影響しているのではないかといわれています。

エストロゲンとは一般に
卵巣ホルモンや女性ホルモンと呼ばれているものです。

女性が思春期を迎えると、
子宮はエストロゲンの刺激をうけて成長をはじめます。

成熟期(20歳〜45歳くらい)に入ると
子宮は鶏の卵ほどの大きさまで大きくなります。

その後、更年期(45歳〜50歳くらい)に入ると女性ホルモンが減少し、
次第に小さくなり梅干ほどの大きさに小さくなるのです。

子宮が成長するにつれ、子宮筋内層がエストロゲンの刺激をうけ、
筋腫が大きくなるのではないかといわれています。

子宮筋腫は、腫瘍ではあっても良性の腫瘍ですので、
大きさや位置によっては切除しない場合があります。

不妊に関係しているかどうかの判断は、子宮筋腫の腫瘍の大きさや位置によって判断されます。

ページトップへ

次のページ >> 子宮内膜症

このカテゴリ内の記事一覧

生命保険無料相談人気ランキング

保険マンモス

保険マンモスの無料保険相談は利用者によるアンケートの回答での満足度96%以上! FP(ファイナンシャルプランナー)による丁寧な説明が分かりやすいと評判です。

また、保険マンモスのFPは中立的なプロのFPなので、特定の保険会社の商品を押し売りする事はなく、数十社の保険会社の商品から最適な保険プランを提案してもらえます。


ページトップへ

都道府県から不妊治療のクリニックを検索

日本地図 北海道・東北 [北海道 / 青森 / 岩手 / 宮城 / 秋田 / 山形 / 福島
関東 [東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉 / 茨城 / 栃木 / 群馬 / 山梨
信越・北陸 [新潟 / 長野 / 富山 / 石川 / 福井
東海 [愛知 / 岐阜 / 静岡 / 三重
近畿 [大阪 / 京都 / 兵庫 / 滋賀 / 奈良 / 和歌山
中国・四国 [鳥取 / 島根 / 岡山 / 広島 / 山口 / 徳島 / 香川 / 愛媛 / 高知
九州・沖縄 [福岡 / 佐賀 / 長崎 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄
ページトップへ