不妊治療.net > 不妊症関連疾患 > クラミジア感染

クラミジア感染

クラミジアに感染している人は意外と多い

クラミジア感染と不妊症は深い関係があります。

性行為感染症の多くがクラミジア感染といわれています。

日本でクラミジア感染しているといわれる人は
100万人を超えるといわれています。

クラミジア感染は、自覚症状がほとんどなく、
検査を受けないまま手遅れになる場合もあり、
知らず知らずのうちに不妊症へとつながってしまうこともあります。

クラミジアの原因

クラミジアの原因は、
避妊具を使わないセックスがあげられます。

また、性器の挿入行為がなくても、
オーラルセックスやキスでも感染してしまいます。

クラミジアは性器のみでなく
咽頭(のど)にも感染します。

クラミジアの感染率は1回の性行為で50%を超えるとも言われており、
これはエイズの100倍以上の感染率です。

症状を感じないクラミジア

女性の場合、クラミジア感染症にかかっている人の内で、
約70%の方が症状を感じていません。

症状がある方でも少量のおりものの変化や少量の出血程度で済んでしまうため、
気づかない場合が多いのです。

また、婦人科を受診しにくいという理由から検査を受けないと、
知らず知らずのうちにクラミジアの症状がひどくなる場合もあります。

様々な病気を引き起こすクラミジア

クラミジアに感染してしまうと、腹腔内にクラミジア病原体が進入してしまい、
子宮頚管炎、子宮内膜症、卵管炎、子宮付属器炎、
骨髄腹膜炎、肝周囲炎などの炎症を発生しやすくなります。

子宮頚管炎の段階で治療がなされない場合、
子宮や卵管などの癒着や機能障害が発生してしまい、
卵管狭窄や卵管閉塞、卵管周囲癒着などを発症し、不妊の原因となるのです。

また、クラミジア感染のまま出産をしてしまうと、
産道を通して胎児に感染する可能性もあります。

そのため、妊娠中にクラミジアに感染している場合は
妊娠後期に抗生物質での治療を行うか、帝王切開をするなどして、
胎児に感染しないようにしなければなりません。

ページトップへ

次のページ >> 排卵とは?排卵と受精、着床について

このカテゴリ内の記事一覧

生命保険無料相談人気ランキング

保険マンモス

保険マンモスの無料保険相談は利用者によるアンケートの回答での満足度96%以上! FP(ファイナンシャルプランナー)による丁寧な説明が分かりやすいと評判です。

また、保険マンモスのFPは中立的なプロのFPなので、特定の保険会社の商品を押し売りする事はなく、数十社の保険会社の商品から最適な保険プランを提案してもらえます。


ページトップへ

都道府県から不妊治療のクリニックを検索

日本地図 北海道・東北 [北海道 / 青森 / 岩手 / 宮城 / 秋田 / 山形 / 福島
関東 [東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉 / 茨城 / 栃木 / 群馬 / 山梨
信越・北陸 [新潟 / 長野 / 富山 / 石川 / 福井
東海 [愛知 / 岐阜 / 静岡 / 三重
近畿 [大阪 / 京都 / 兵庫 / 滋賀 / 奈良 / 和歌山
中国・四国 [鳥取 / 島根 / 岡山 / 広島 / 山口 / 徳島 / 香川 / 愛媛 / 高知
九州・沖縄 [福岡 / 佐賀 / 長崎 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄
ページトップへ