不妊治療.net > 人工授精 > 人工受精の具体的な方法

人工受精の具体的な方法

女性の事前準備

人工授精を行う場合は、
基礎体温をつけます。

また、頚管粘液検査、
超音波検査などを受け、
排卵日を推定します。

人工授精実施日を決めます。

男性の事前準備

男性は、人工授精実施日の前4〜5日は禁欲です。

マスターベーションで精液を採取し、
すぐに精液の数や奇形率を測定します。

測定した結果により、
受精能力を高めるために適した方法で洗浄濃縮します。

これらの受精準備には、
1時間ほどかかります。

人工授精の開始

女性は、内診台に寝た状態になり、
処置しやすいように足を広げます。

膣鏡で膣を伸ばし、洗浄濃縮した精液を、
人工授精針という針をつけた注射器で子宮腔内へ注入します。

この際、痛みはほとんどなく、
1分ほどで終了します。

人工授精後の過ごし方

その後、30分ほど骨盤を高い状態にして安静にします。

少量の出血をする女性もいますが、
機械操作による出血や子宮びらんからの出血なので心配はいりません。

もし、大量の出血がある場合や
下腹部の痛みがひどい場合はすぐに医師に伝えましょう。

人工授精後、感染予防のために
1日から2日、抗生剤が投与されます。

人工授精自体の流れはこれで終了です。

経過を見て、必要であれば再度人工授精を行う

その後、基礎体温をつけ、
基礎体温の高温時期が3週間程度続けば、
妊娠した可能性が高まります。

人工授精は外来で行える方法ですし、
痛みも全くないので、10回程度であれば繰り返し行います。

しかし、それでも妊娠しない場合は、
主治医と他の方法などを検討します。

凍結精子の使用による人工授精

今までの人工授精では、
採取したばかりの精液を使用することが多かったのですが、
最近では凍結精子を使うケースも増えてきました。

凍結精子を使用すれば、男性が仕事で忙しい場合や、
長期出張や単身赴任している場合でも人工授精が行えるのです。

ページトップへ

次のページ >> 人工授精の妊娠成功率

生命保険無料相談人気ランキング

保険マンモス

保険マンモスの無料保険相談は利用者によるアンケートの回答での満足度96%以上! FP(ファイナンシャルプランナー)による丁寧な説明が分かりやすいと評判です。

また、保険マンモスのFPは中立的なプロのFPなので、特定の保険会社の商品を押し売りする事はなく、数十社の保険会社の商品から最適な保険プランを提案してもらえます。


ページトップへ

都道府県から不妊治療のクリニックを検索

日本地図 北海道・東北 [北海道 / 青森 / 岩手 / 宮城 / 秋田 / 山形 / 福島
関東 [東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉 / 茨城 / 栃木 / 群馬 / 山梨
信越・北陸 [新潟 / 長野 / 富山 / 石川 / 福井
東海 [愛知 / 岐阜 / 静岡 / 三重
近畿 [大阪 / 京都 / 兵庫 / 滋賀 / 奈良 / 和歌山
中国・四国 [鳥取 / 島根 / 岡山 / 広島 / 山口 / 徳島 / 香川 / 愛媛 / 高知
九州・沖縄 [福岡 / 佐賀 / 長崎 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄
ページトップへ