不妊治療.net > 胚盤胞移植法 > 胚盤胞移植法のメリットとデメリット

胚盤胞移植法のメリットとデメリット

胚盤胞移植法のメリット

胚移植と胚盤胞移植の着床率を比較してみると、
胚移植よりも胚盤胞移植法のほうが着床率が高いのがメリットです。

胚移植の場合は、排卵後2日目〜3日目に胚移植をするので、
子宮の中の着床準備が整っていないため着床率が下がります。

しかし、胚盤胞移植法の場合は、排卵後5日目で移植するので、
子宮の中の着床準備が十分に整っています。

そのため、胚移植よりも胚盤胞移植法のほうが着床率が高くなるのです。

また、発育段階の進んだ胚盤胞を移植するため、
着床率が高くなり、移植胚の数を減らすことが可能です。

移植胚の数を減らすということは、
多胎妊娠を防ぐことにつながります。

多胎妊娠とは、2つ以上の胎児が、子宮で育つということです。

体外受精では、3個以内の胚を移植するので、
双子や三つ子が生まれる可能性があるのですが、
移植胚の数を減らすことができる胚盤胞移植法では体外受精に比べ多胎妊娠の可能性が低くなります。

胚盤胞移植法のデメリット

胚移植よりも胚盤胞移植法のほうが着床率が高いからといっても、
全ての方に胚盤胞移植が可能というわけではありません。

もし、3日目の胚の質が良好でなければ、
培養を5日目まで進めても胚盤胞まで成長しないからです。

ですので、採卵後3日目の胚の質の良し悪しがその後の治療に関係してくるのです。

胚盤胞移植法の予定をしていた場合でも、
発育がよくなければキャンセルになることだってありえるのです。

また、胚盤胞の培養には、
それぞれの段階にあった培養環境にしなければなりません。

ですので、いくつもの培養液を交換しながら成長させるので、
高度な培養技術が必要となり、培養期間が長くなるために、
費用が多少高くなってしまいます。

ページトップへ

次のページ >> 生活習慣を見直そう1

生命保険無料相談人気ランキング

保険マンモス

保険マンモスの無料保険相談は利用者によるアンケートの回答での満足度96%以上! FP(ファイナンシャルプランナー)による丁寧な説明が分かりやすいと評判です。

また、保険マンモスのFPは中立的なプロのFPなので、特定の保険会社の商品を押し売りする事はなく、数十社の保険会社の商品から最適な保険プランを提案してもらえます。


ページトップへ

都道府県から不妊治療のクリニックを検索

日本地図 北海道・東北 [北海道 / 青森 / 岩手 / 宮城 / 秋田 / 山形 / 福島
関東 [東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉 / 茨城 / 栃木 / 群馬 / 山梨
信越・北陸 [新潟 / 長野 / 富山 / 石川 / 福井
東海 [愛知 / 岐阜 / 静岡 / 三重
近畿 [大阪 / 京都 / 兵庫 / 滋賀 / 奈良 / 和歌山
中国・四国 [鳥取 / 島根 / 岡山 / 広島 / 山口 / 徳島 / 香川 / 愛媛 / 高知
九州・沖縄 [福岡 / 佐賀 / 長崎 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄
ページトップへ