不妊治療.net > 胚盤胞移植法 > 胚盤胞移植法とは?

胚盤胞移植法とは?

胚盤胞とは?

胚盤胞移植法を勉強する前に、
まず、胚細胞について理解しておきましょう。

受精した胚は、徐々に細胞分裂を起こします。

受精後、2日目で4細胞になり、
3日目には7〜8細胞になり、卵割していきます。

体外受精では、
採卵後2日から3日目に胚移植を行います。

胚移植を行い、その後2日ほど培養を延長すると、
5日目には排卵胞となり、内側から内細胞塊、外細胞塊、胞胚腔、透明帯で形成されるのです。

この状態を、胚盤胞というのです。

胚盤胞移植法について

胚盤胞移植法とは、採卵後、
5日目まで培養を延長し胚細胞まで育ててから、
子宮に戻すという方法です。

通常の胚移植は採卵後、2日目や3日目で子宮に戻すので、
2日間の培養期間が違うのです。

自然妊娠と胚盤胞移植法

自然妊娠の場合、まず、卵巣から排卵され受精します。

受精後、2日目で4細胞、3日目で7〜8細胞になり、
4日目に桑実胞となりながら、卵管を移動し、
5日目に胚盤胞となり子宮に着床します。

このように、自然妊娠では、5日目の胚盤胞の段階で子宮に到達し、
そして着床し妊娠となるのです。

着床する時期も、
着床しやすい環境に整っているのです。

しかし、様々な理由で着床が難しい場合、子宮を着床できる環境に整備し、
かつ、採卵後、体外で5日間、胚を培養し胚盤胞にした状態で、子宮に戻します。

知ることで自信につながる

胚盤胞移植法を知ることによって、受精卵はどのように成長し、
どのような状態で着床し、妊娠となるのか、手に取るように理解できますよね。

妊娠するのが難しいと思っていても、
妊娠の原理が分かると多少なりとも自分でも大丈夫と自信につながりませんか?

ページトップへ

次のページ >> 胚盤胞移植法のメリットとデメリット

生命保険無料相談人気ランキング

保険マンモス

保険マンモスの無料保険相談は利用者によるアンケートの回答での満足度96%以上! FP(ファイナンシャルプランナー)による丁寧な説明が分かりやすいと評判です。

また、保険マンモスのFPは中立的なプロのFPなので、特定の保険会社の商品を押し売りする事はなく、数十社の保険会社の商品から最適な保険プランを提案してもらえます。


ページトップへ

都道府県から不妊治療のクリニックを検索

日本地図 北海道・東北 [北海道 / 青森 / 岩手 / 宮城 / 秋田 / 山形 / 福島
関東 [東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉 / 茨城 / 栃木 / 群馬 / 山梨
信越・北陸 [新潟 / 長野 / 富山 / 石川 / 福井
東海 [愛知 / 岐阜 / 静岡 / 三重
近畿 [大阪 / 京都 / 兵庫 / 滋賀 / 奈良 / 和歌山
中国・四国 [鳥取 / 島根 / 岡山 / 広島 / 山口 / 徳島 / 香川 / 愛媛 / 高知
九州・沖縄 [福岡 / 佐賀 / 長崎 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄
ページトップへ