不妊治療.net > 不妊症の主な原因 > 精管の通過障害による不妊症

精管の通過障害による不妊症

精管の通過障害の種類

精管の通過障害には様々なものがあります。

まず、精子検査の結果で精液が精子がいない場合、
精管の通過障害の検査をします。

精管精嚢造影検査や精巣生検などにより判断をし、
精巣に精子がいる場合に精管の通過障害となります。

精管の通過障害には以下のような種類があります

・閉塞性無精子症
・精巣上体炎
・逆行性射精

閉塞性無精子症

閉塞性無精子症とは精管が閉塞しているために、
精巣から精子が出られない状態をいいます。

軽度の場合は、手術で精管をつなげます。

手術に成功した場合は、
不妊症の治療としてタイミング指導などを行います。

残念ながら失敗してしまった場合は、
精巣や精巣上体から、精子を取り出して顕微授精を行います。

精巣上体炎

精巣上体炎とは精巣状態(副睾丸)が
細菌によって感染している状態をいいます。

精巣状態が炎症を起こすと炎症により精管を塞いでしまう可能性があり、
精管の通過障害を引き起こす原因となります。

クラミジアや淋菌などによる性行為感染症により、
尿道炎から精巣上体炎になる場合もありますが、
尿道カテーテルや尿道の検査や手術をした結果として
精巣上体炎になってしまう場合もあります。

精巣上体炎の治療方法としては、
抗生物質の投与があげられます。

抗生物質の投与し精管が正常になった場合は、
タイミング指導などを行います。

精管が正常にならない場合は、
精巣や精巣上体から精子を採取して顕微授精を行います。

逆行性射精

精液は陰茎から外に放出されるのですが、
逆行性射精とは、精液が逆方向の膀胱に向かって放出される状態をいいます。

正常であれば、射精時は膀胱の一部が閉じているのですが、
逆行性射精は射精時に開いたままになってしまっているために、
精子が膀胱のほうへ流れてしまうのです。

前立腺の手術や糖尿病などがきっかけとなり
逆行性射精を引き起こす場合もありますが、
原因不明の場合もあります。

逆行性射精の場合の治療では、
膀胱洗浄の後、マスターべーションで射精し、
膀胱内の培養液ごと精子を採取します。

その精子で人工授精か体外受精を行います。

ページトップへ

次のページ >> 機能性不全による不妊症

生命保険無料相談人気ランキング

保険マンモス

保険マンモスの無料保険相談は利用者によるアンケートの回答での満足度96%以上! FP(ファイナンシャルプランナー)による丁寧な説明が分かりやすいと評判です。

また、保険マンモスのFPは中立的なプロのFPなので、特定の保険会社の商品を押し売りする事はなく、数十社の保険会社の商品から最適な保険プランを提案してもらえます。


ページトップへ

都道府県から不妊治療のクリニックを検索

日本地図 北海道・東北 [北海道 / 青森 / 岩手 / 宮城 / 秋田 / 山形 / 福島
関東 [東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉 / 茨城 / 栃木 / 群馬 / 山梨
信越・北陸 [新潟 / 長野 / 富山 / 石川 / 福井
東海 [愛知 / 岐阜 / 静岡 / 三重
近畿 [大阪 / 京都 / 兵庫 / 滋賀 / 奈良 / 和歌山
中国・四国 [鳥取 / 島根 / 岡山 / 広島 / 山口 / 徳島 / 香川 / 愛媛 / 高知
九州・沖縄 [福岡 / 佐賀 / 長崎 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄
ページトップへ