不妊治療.net > 不妊症の主な原因 > 子宮や卵管因子による不妊症

子宮や卵管因子による不妊症

様々な不妊症の原因

不妊症には様々な原因や要因が重なるため、
不妊症の原因はコレと言い切れるものではありません。

しかし、不妊症にもっとも多い原因というものは存在します。

不妊症の原因として一番多いのが、
卵管因子によるものだといわれています。

クラミジアなどによる性行為感染症によって、
卵管のがつまってしまったり狭くなってしまうことによって、
精子と卵子が受精できないのです。

卵管因子の検査

卵管因子を検査するためには、
卵管通気や卵管通水などの検査を行います。

これは、卵管が詰まっていないか、
狭くなっていないかを調べる検査です。

この検査で通過性が悪い場合には
子宮卵管内造影検査を行います。

子宮卵管内造影検査

子宮卵管内造影検査では、
どこの部分が詰まっているのか、
具体的にわかります。

子宮卵管内造影検査では、
子宮内の形の異常や癒着など
子宮内部の検査を合わせて行うこともできます。

卵管通気検査

卵管通気検査を行うことによって、
卵管の通過性もよくなることも多く、
妊娠しやすくなる場合もあります。

子宮筋腫と子宮内膜症

また、年々若年化している子宮筋腫や子宮内膜症も、
不妊症の原因として多くなっています。

受精卵は子宮内膜に着床します。

子宮内膜症になると、
受精卵が着床することが出来ずに不妊症へとつながるのです。

子宮筋腫とは、
子宮に良性の腫瘍が発生するものです。

発生する原因はまだ解明されていません。

子宮筋腫が存在すると、
不妊の原因となります。

子宮筋腫や子宮内膜症の検査には、
超音波検査や子宮鏡方法、腹腔鏡方法などが用いられ、確定診断を行います。

ページトップへ

次のページ >> 排卵障害による不妊症

生命保険無料相談人気ランキング

保険マンモス

保険マンモスの無料保険相談は利用者によるアンケートの回答での満足度96%以上! FP(ファイナンシャルプランナー)による丁寧な説明が分かりやすいと評判です。

また、保険マンモスのFPは中立的なプロのFPなので、特定の保険会社の商品を押し売りする事はなく、数十社の保険会社の商品から最適な保険プランを提案してもらえます。


ページトップへ

都道府県から不妊治療のクリニックを検索

日本地図 北海道・東北 [北海道 / 青森 / 岩手 / 宮城 / 秋田 / 山形 / 福島
関東 [東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉 / 茨城 / 栃木 / 群馬 / 山梨
信越・北陸 [新潟 / 長野 / 富山 / 石川 / 福井
東海 [愛知 / 岐阜 / 静岡 / 三重
近畿 [大阪 / 京都 / 兵庫 / 滋賀 / 奈良 / 和歌山
中国・四国 [鳥取 / 島根 / 岡山 / 広島 / 山口 / 徳島 / 香川 / 愛媛 / 高知
九州・沖縄 [福岡 / 佐賀 / 長崎 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄
ページトップへ