不妊治療.net > 不妊症の主な原因 > 機能性不全による不妊症

機能性不全による不妊症

機能性不全とは?

一般的な不妊症の検査をしても
原因がはっきりと判断できない場合もあります。

不妊症の原因がわからない場合を、
機能性不全による不妊症といいます。

通常の不妊検査で判断が困難なケース

普通の検査では、
判断が困難な異常はいくつかあります。

・ 卵子の質が悪い場合
・ 黄体機能が不十分である場合
・ 排卵はするが卵管に卵子が取り込まれない場合
・ 乱心と精子が出会ってもうまく受精が行われない場合
・ 通常の検査では判断しにくい子宮内膜症がある場合
・ 通常の検査では判断しにくい卵管周囲の癒着がある場合

一般的な検査で原因がはっきりとしない場合は、
腹腔鏡検査をしたり、一度した検査を繰り返したりする場合もあります。

機能性不妊による不妊症の治療法

不妊症の原因が分かれば、治療方針を決めて、
不妊症の原因となっているものを取り除いていくことができますが、
機能性不全と判断されるとどのように治療を進めていくか、
選択肢を定めることができません。

不妊期間が短く、また年齢が若い場合は半年から一年間、
不妊治療を行わないで自然妊娠に挑戦します。

その後、それでも成果がなければ、
タイミング指導を行い、基礎体温をつけ、
妊娠しやすい時期に性行為を行ってもらい、妊娠する確率を高めます。

半年間、成果が出ない場合は、
内服の排卵誘発剤とタイミング指導を行います。

その後、半年間、成果がない場合は、
注射の排卵誘発剤とタイミング指導を行います。

それでも妊娠しない場合は、
人工授精を行うか体外受精を行います。

原因が分からない場合は、
上記のように治療を段階的に行っていきますが、
機能性不妊の治療法の進め方は、
主治医の考え方や夫婦の考え方、夫婦の年齢などにより、多少変わってきます。

ページトップへ

次のページ >> 子宮筋腫

生命保険無料相談人気ランキング

保険マンモス

保険マンモスの無料保険相談は利用者によるアンケートの回答での満足度96%以上! FP(ファイナンシャルプランナー)による丁寧な説明が分かりやすいと評判です。

また、保険マンモスのFPは中立的なプロのFPなので、特定の保険会社の商品を押し売りする事はなく、数十社の保険会社の商品から最適な保険プランを提案してもらえます。


ページトップへ

都道府県から不妊治療のクリニックを検索

日本地図 北海道・東北 [北海道 / 青森 / 岩手 / 宮城 / 秋田 / 山形 / 福島
関東 [東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉 / 茨城 / 栃木 / 群馬 / 山梨
信越・北陸 [新潟 / 長野 / 富山 / 石川 / 福井
東海 [愛知 / 岐阜 / 静岡 / 三重
近畿 [大阪 / 京都 / 兵庫 / 滋賀 / 奈良 / 和歌山
中国・四国 [鳥取 / 島根 / 岡山 / 広島 / 山口 / 徳島 / 香川 / 愛媛 / 高知
九州・沖縄 [福岡 / 佐賀 / 長崎 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄
ページトップへ