不妊治療.net > 不妊症の主な原因 > 排卵障害による不妊症

排卵障害による不妊症

排卵障害の原因とその影響

排卵障害の原因の多くが、
性腺刺激ホルモンなどの内分泌系の異常といわれています。

ホルモンバランスは不妊症と大きくかかわっています。
女性だけでなく、男性でもホルモンのバランスが崩れることにより、
精子形成が阻害され、乏精子症などの原因になります。

排卵障害の種類と分類

排卵障害は、
黄体機能不全と無排卵症の2つに分けられます。

無排卵症は、
無排卵周期症と無月経症に分けられます。

無月経症は、原発性無月経と続発性無月経に分けられ、
続発性無月経は第一度無月経と第二度無月経に分けられます。

黄体機能不全

黄体機能不全とは、排卵はするのですが、
黄体機能の機能が十分ではなく、
子宮内膜が着床しにくい状態になっているものです。

そのため、黄体機能不全の場合は着床しても
初期流産が起きやすくなります。

無排卵周期症

無排卵周期症とは、基礎体温の高温相の部分がないパターンです。
卵胞はある程度成長するのですが、
LHサージがおきずに排卵できない状態です。

月経のように出血は見られるのですが、
これは増殖した内膜が流れ落ちているものです。

無月経症

無月経症は
原発性無月経と続発性無月経に分けられます。

原発性・続発性無月経とは、
18歳以上になり、一度も月経がない状態をいいます。

過去には月経があり、
その後月経がなくなってしまったような場合は続発性無月経といいます。

続発性無月経

続発性無月経は第一度無月経と第二度無月経に分けられます。

第一度無月経とは、黄体ホルモン剤を投与し、
その後、消退出血の有無を判断します。

子宮からの出血を第一度無月経といいます。

出血が起きない場合は、卵胞ホルモン・黄体ホルモンを投与して、
その後、消退出血の有無を判断します。

出血が確認されたら、第二度無月経となります。

それでも出血が見られない場合は、
子宮性無月経と診断されます。

ページトップへ

次のページ >> 着床障害による不妊症

生命保険無料相談人気ランキング

保険マンモス

保険マンモスの無料保険相談は利用者によるアンケートの回答での満足度96%以上! FP(ファイナンシャルプランナー)による丁寧な説明が分かりやすいと評判です。

また、保険マンモスのFPは中立的なプロのFPなので、特定の保険会社の商品を押し売りする事はなく、数十社の保険会社の商品から最適な保険プランを提案してもらえます。


ページトップへ

都道府県から不妊治療のクリニックを検索

日本地図 北海道・東北 [北海道 / 青森 / 岩手 / 宮城 / 秋田 / 山形 / 福島
関東 [東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉 / 茨城 / 栃木 / 群馬 / 山梨
信越・北陸 [新潟 / 長野 / 富山 / 石川 / 福井
東海 [愛知 / 岐阜 / 静岡 / 三重
近畿 [大阪 / 京都 / 兵庫 / 滋賀 / 奈良 / 和歌山
中国・四国 [鳥取 / 島根 / 岡山 / 広島 / 山口 / 徳島 / 香川 / 愛媛 / 高知
九州・沖縄 [福岡 / 佐賀 / 長崎 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄
ページトップへ