不妊治療について

不妊かな?とおもったら

晩婚化が進む現代では、第一子を出産する年齢も高くなっています。結婚後に思うように子どもができないで悩んでいる方も増えています。
不妊かな?と思ったらこのサイトで不妊治療について学んでみましょう。

不妊治療前に生命保険を見直しましょう

不妊治療前には生命保険の加入が基本です。生命保険に入っていない方は不妊治療をはじめる前に絶対に入っておきましょう。 すでに入ってる方は契約内容が妥当かどうかをもう一度見直してみましょう。

ここでは当サイトで人気の生命保険相談をランキングで紹介しています。専門家への生命保険相談は無料なので不妊治療をはじめる前にまず相談してみるとよいでしょう。

不妊治療をご存知ですか?

不妊治療とは

「不妊治療の効果が出なかったらどうしよう・・・」
費用がかかる不妊治療に対してためらいを感じる方も少なくありません。

不妊治療を受ける方は年々増加しているにもかかわらず、
具体的な体験談を聞くのは難しいのが現状です。

不妊はとてもプライベートな問題のため、実際に不妊治療を経験した方でも
不妊治療を行ったという事実を友人にさえ伝えてない方も多いためです。

インターネットでは不妊治療の情報を発信している方がいますが、
信頼に足る情報かどうか判断に迷うということもあるのではないでしょうか。

不妊治療の費用

不妊治療の費用は病院によって様々です。
また初診の際に伝えられた費用の予想と、実際にかかる費用が異なることも多いです。

結果的に予想以上の費用がかかってしまった方の中には「だまされた」と感じる方もいるようです。
しかし、不妊治療は始めてみないとどのような薬や検査が必要になるか分からないことも多く、
また、治療の中で必要な処置が増えることもあるのです。

見積もりに薬代を入れていないところは表向きの費用が安く見えるため、
治療を開始した後に薬代が高いことに気づくこともあります。

病院としては最も安い方法を提案していても、
悪気は無くても初期の見積もりよりも費用がかさんでしまうことがあるため
患者さんとトラブルになることもあるのです。

お医者さんも決して「不当に高い治療費を請求してやろう」と思っているわけではなくて、
「治療をはじめたら思ったより治療費がかかりそうでまいったな」と思っていることが多いんです。

なぜでしょうか?

不妊治療は一人ひとりに合わせて治療の内容や期間が様々なので、
「このような症状だとこのくらいの費用」という治療費の目安がつきにくいのです。

だから費用については不妊治療を始める際に、最大でどのくらいかかるかということを聞いておきましょう。

不妊治療はいつまで続ける?

赤ちゃんを望んで不妊治療を受けるわけですが、うまく授からないことだってあります。
ではいくつまで続けてもよいのでしょうか?

費用がかかることなので効果が出なければ途中で治療をやめる決断も必要です。

アメリカの不妊治療では何年か不妊治療を受けた後、授からないようであれば45才くらいまでで治療を中止することが多いです。

ページトップへ

都道府県から不妊治療のクリニックを検索

日本地図 北海道・東北 [北海道 / 青森 / 岩手 / 宮城 / 秋田 / 山形 / 福島
関東 [東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉 / 茨城 / 栃木 / 群馬 / 山梨
信越・北陸 [新潟 / 長野 / 富山 / 石川 / 福井
東海 [愛知 / 岐阜 / 静岡 / 三重
近畿 [大阪 / 京都 / 兵庫 / 滋賀 / 奈良 / 和歌山
中国・四国 [鳥取 / 島根 / 岡山 / 広島 / 山口 / 徳島 / 香川 / 愛媛 / 高知
九州・沖縄 [福岡 / 佐賀 / 長崎 / 熊本 / 大分 / 宮崎 / 鹿児島 / 沖縄